Hulu

10.20 日本上陸! Huluで配信スタート

  • 1
    CHAPTER ONE (5:51)
    "消えたヒーローたち?"

    クレアの衝撃の告白から5年。世界中で能力者たちがその能力を披露し、人類は2つの種族が共存するようになっていた。そんな中、影を操る能力を持つフィービーは、兄クエンティンに始めて自分の能力のことを告白し、最初の実験として記録映像を残すことにする。

  • 2
    CHAPTER TWO (8:04)
    “フィービー”

    クエンティンは、フィービーに能力の経過を記録し続けることを勧め、彼女にハンディカメラをプレゼントする。フィービーは憧れの大学生活が始まり、ルームメイトのアリーとすぐに意気投合する。一方で、フィービーの能力は日々強まり、単に影を操るだけでは済まなくなってきていた。

  • 3
    CHAPTER THREE (7:28)
    “登録制度”

    大学で行われた“反能力者”デモの参加のせいで、フィービーは警察に逮捕され、能力者としての登録を余儀なくされてしまう。そんな折、夏のインターンシップ制度を探すフィービーのところに、ハリスという男がテクノロジー会社ルノータスで働くことを勧め、クエンティンは能力者に寛大すぎるこの会社に疑いを持つ。

  • 4
    CHAPTER FOUR (5:06)
    “6.11”

    制御不可能な能力のせいで、悪夢を見るようになるフィービー。その件でクエンティンと口論となり、フィービーは姿を消してしまう。クエンティンとアリーは彼女を探すため、テキサス州オデッサで行われる平和サミットへと出向くが、そこで衝撃的な映像を目撃する。

  • 5
    CHAPTER FIVE (11:41)
    “ルノータス”

    6.11の悲惨なテロ事件が忘れられないクエンティンは、自分の妹が主犯格の容疑者の一人として警察に追われていることが信じられず、事件の裏側に潜むルノータス社の存在を疑う。この陰謀説を証明する為、クエンティンはルノータス社に潜り込み、証拠のデータを盗むことにする。

  • 6
    CHAPTER SIX (4:36)
    “真実の行方”

    ルノータス社が、旧プライマテック社を吸収しその研究の全てを引き継いでいたことがわかるデータを入手したクエンティンは、そのデータを“究明者”の元へと届ける。さらに彼らの陰謀を暴くため、クエンティンはプライマテックの元社員であるノア・ベネットを探し、事件の真相を探る決意をする―

閉じる